お米・玄米・分づき米と無農薬雑穀の通販サイト旬彩工房
土からこだわって作ったお米・玄米・分づき米と無農薬雑穀、安全で贅沢な食材で作ったこだわりおやつを産地直送。
山形小国の旬彩工房
ホーム 旬彩工房のこだわり ギフトセット 生産者紹介 商品一覧 カートを見る

旬彩工房のこだわり〜運営者から〜
月と太陽のエネルギー
清涼な雪解け水、手塩にかけて作った土
源流に近い山里ならではの自然の恵みが
生み出すおいしさをお届けします

小さな農家のこだわりを気に入っていただけたらうれしいです。お客様とお互い支え合える「つながり」を大事にしていきたいと思っています。

山口 ひとみ(旬彩工房運営者)

以前は東京でバリバリ働いていたのですが・・・

30才を過ぎた頃から、人や生命が大事にされない社会が気になってもっとゆったり土に根ざした暮らしがしたいと思うようになりました。 そんな時に“つぶつぶ未来食”の仕事が縁で、頼もしいパートナーと出会い結婚。雪深い小国町は豊かな自然とあったか〜い人のつながりにあふれていて感動!
一人娘も授かって、“生命を支える食”をお届けする日々を楽しんでいます。

旬彩工房ブログ

食の安全とおいしさにこだわる理由

東京で働いていた頃に、ストレスと食生活の乱れが原因で体調を崩したのがきっかけで、食や環境のことを学び始めると驚く事ばかり。
「知ることで選べる」ことこそが大事なのだと実感しました。
私たちの生命を養っているのは食べ物、“人を良くする”と書く食の字のように体も心も喜ぶ本当のおいしさを届けたいと思っています。

穀物が生命の基本・・・
雑穀つぶちゃんファミリー大活躍

一粒千倍のお米、一粒万倍の雑穀のエネルギーでごはんを作ると何てったって「体も心もほっと喜ぶおいしさ」で元気になれます。
環境的にも効率の良いエコ食材で、日本の食糧自給率アップにも貢献できる優れもの!ぜひみんなに食べて欲しいなあ。

生産者はわが家のお父さん!

生産者紹介はこちら

旬彩工房の商品は「白い森の町」山形県小国町産が中心です。

山形県小国町は山形県と新潟県の県境にある人口約9200人の小さな町です。
「白い森の町」の名前の由来は白い幹のブナの森があるから。
山に囲まれ冬は大雪が降る日本有数の豪雪地帯ですが、時に人々を悩ませるその雪は、きれいな雪解け水となり、小国の大地を潤します。山と雪の恵みを受けた場所です。

ブナの森の山の雪解け水と人の手が育んだ豊かな小国の大地
春夏は山菜、秋冬はきのこ、そしておいしいお米の恵みがあります。 ≪山形県小国町公式ホームページ≫